あからさまに高級車だったり、奇抜な車に乗っているのはマイナスポイントになりやすいと言えます。

男性に乗って欲しくない車とは?

 

女性にとって男性がどんな車に乗っているのかは非常に大きなポイントです。

 

若者が車に興味を抱かなくなったと言われて久しいですが、車がその人のステータスを保証することに変わりはありません。

 

場合によっては、彼氏が乗っている車選びを失敗していると恋人仲に亀裂が入ることもあります。

 

 

軽自動車

軽自動車のシェアは増え続けていていますが、どこか女性の特権的なイメージがあるのも事実です。男性が軽自動車に乗っているのは、どことなく弱々しいイメージがまとわりついてしまうものです。

 

特に軽自動車の中でも商用車的に軽ワゴンならまだしも、スズキのラパンなど明らかに若い女性をターゲットにした車を乗っていると女子からドン引きされることもあります。
また軽自動車のもう一つの弱点は、乗り心地が悪くドライブが楽しめないことも大きなポイントです。

 

キャンプカー

車が好きすぎる男性というのも女性にとっては眉をひそめたくなるポイントです。
車好きが高じて車内で料理や宿泊ができるキャンピングカーにカスタムする男性がいますが、あまり自分の友達にこういった彼氏を紹介したくないものです。
キャンプに出掛けたり、アウトドアなデートな好きな女性でなければ、あまり魅かれる人はいないかもしれません。

 

 

痛車

アニメが車全体に装飾されたいわゆる「痛車」に男性が乗っているのはドン引きされること間違いなしです。
若い女性のヲタク化が顕著になって久しいですが、痛車が一般に普及するということはなさそうです。
なにより痛車はインパクトが強すぎるので女性にしてみたら「怖い」という気持ちを誘発します。

 

 

このように女性にとって男性には無難にカッコイイ、見栄えのする車に乗ってほしいのであって、あからさまに高級車だったり、奇抜な車に乗っているということはマイナスポイントになりやすいです。
痛車やキャンプカーは、平凡さとはまったくかけ離れた特徴をしているので、インパクトは強烈でも「この人とずっと一緒にいたい。」という気持ちにさせにくいのです。