トイレに行く必要性がなくても休憩を小まめに取ると、同乗者に安心感を与えます。運転者も眠いのであれば、無理をせず、仮眠休憩をしっかり取りましょう。

ドライブ中のちょっとした気遣いが嬉しい!

ハートと女性

車で移動中、運転者からのちょっとした気遣いというのはとても嬉しいものです。

 

特に車に同乗している人は、運転してもらっているという点でいつも以上に気を遣いがちになりますので、運転者からの気遣いはちょっとした事でも嬉しいものです。

 

今回はよくある定番の「運転者からされると嬉しい気遣い」を紹介いたします。

 

 

 

トイレ休憩には気を使おう。

 

車の同乗者からしてみると、移動中のトイレというのは重要で、なかには、運転してもらっている中で「トイレに寄ってください。」という一言を言いづらく、ギリギリまで我慢してしまう人も多いです。

 

飲食店や買い物中にトイレに行く、寄るとかと違い、車での移動中はトイレ休憩の為に足止めになってしまったり、運転者にストレスを与える要因にもなりかねないので、同乗者から気を遣ってもらえると嬉しいものです。

 

さらに

 

「トイレ平気?」

 

とストレートに聞くよりも、トイレという言葉を濁して

 

「コンビニあったら寄ってく?」
「サービスエリアあるけど寄りたい?」

 

などと言うのも有効です。

 

また、長い距離の移動の時は、仮にトイレに行く必要性がなくても休憩を小まめに取っておくと同乗者に安心感を与える気遣いになります。

 

全然休憩をしないスタイルだと、トイレに行きたい旨を伝えづらかったり、どこかで休んだり出発した直後にトイレに行きたくなった時に言い出しづらくさせてしまいます。

 

 

 

 

同乗者が眠そうにしてたら、寝させてあげよう。

 

車などの移動中というのは、睡魔に襲われてしまうものです。
特に運転してる人より、同乗している人の方が強い睡魔におそわれてしまいます。

 

ですが、同乗している人は、車を運転してもらってるのに、助手席や後部座席で寝てしまうというのは失礼で申し訳ないという気持ちになります。

 

ですので、運転者から眠そうにしている人には、寝てもいいというふうに気を使われると嬉しいものです。気を使う人ですと、寝ててもいいと言われても、運転してもらってるのに悪いと遠慮する人も多いです。

 

そんな時に

 

「自分だって運転してるから起きてられるけど助手席にいたら今頃寝てるから」

 

などもう一言フォローしてあげると、さらに良いです。

 

運転者も眠いのであれば、無理をせず、仮眠休憩をしっかり取るというのも有効です。

 

続いては…女性が思うこんな車で迎えに来てほしい!