やることは、本当にちょっとした事でいいのですが、できるオンナを演じるためにはタイミングも重要になってきます。

できるオンナを演じる助手席のちょっとした気配り

車の運転手は、助手席の人に気を遣ってもらえると嬉しいものです。

 

特に運転手は安全運転する事を最優先しないといけないので、ちょっとしたことをしてもらえるだけでとても好印象を持ちます。

 

自分が運転する場合はこちら…女性が運転する時に可愛く見えるしぐさ

 

今回はできるオンナを演じるちょっとした気配りについて紹介させていただきます。

 

できるオンナを演じるというと、ハードルが高く感じるかもしれませんが、やる事は本当にちょっとした事でいいのです。

 

ハートマークを出す女性

  • ETCがついていない車。もしくはETCレーンがない料金所があったら、そこの前に小銭を準備しておく(許可をとって運転手の財布からお金を出すのもオッケーです)
  •  

  • 鼻がムズムズしてそうだったら、ティッシュを取りやすい位置に用意しておく
  •  

  • 見通しの悪い道路で左側から車が来ないか確認する

 

などといった事から、

 

  • 運転手をいい気分で運転させる為に、会話を盛り上げる

 

なども立派な気配りになります。

 

会話の中で明日の天気だったり、ドライブの目的地周辺の話題が出たら、すぐにスマホや携帯を使って調べるというのも、運転手からしてみたらとても喜ばれます。

 

 

 

 

 

 

ドライブ中に周りに見える景色にしっかりリアクションをしてあげるというのもとても有効です。

 

運転手は落ち着いて周りを見れないのに、助手席に乗ってる人だけ景色を楽しむのは申し訳ないと気を遣ってしまっている人もいますが、それは勘違いで

 

運転手も、せっかく車で一緒に移動しているのであれば、助手席に乗ってる人には景色を楽しんでもらいたいと思ってますし、リアクションをとってもらうのは嬉しい事です。

 

リアクションや会話が少ないというのは、他の気配りがあっても運転手からしてみると物足りないものです。

 

またやってはいけないこととしては、色々やってあげようとするのはいいのですが、助手席で前かがみの姿勢で何かをしたり、長時間後部座席のものをとろうとしたり、運転手の視界をさえぎらないようにも気を使いましょう。

 

特に女性は気づかずに助手席側のサイドミラーの視界を塞いでしまう事もあるので、注意しておきましょう。