ラジオはドライブ中の渋滞情報やスポーツ中継など幅広い情報で話題作りができ、音楽は好きなアーティストやその時の気分や季節・環境に合わせてBGMを変える事ができます。

ドライブには音楽派?ラジオ派?

ドライブに行く時に車のBGMを音楽にするかラジオにするか?

というのは意見が分かれるものです。

 

一人で車を運転する時であれば当然好きな選択をすればいいのですが、2人やそれ以上の大勢でドライブに行く時はみんなが納得する形を選びたいものです。

 

音楽か、ラジオか??

 

これは個人の好みや価値観もあるので、一概にこっちの方が絶対に良いというのはありませんが、何人かでドライブに行くのであれば多少は気を使った方がいい問題です。

 

その他の同乗者が嬉しい気遣いはこちら

 

 

 

音楽のメリットとしては、好きな音楽を選んで流す事ができるので、好きなアーティストやその時の気分や季節・環境に合わせてBGMを変える事もできとても便利です。

 

OKする女性

最近ではハードディスクで音楽を録音しておけるカーナビやipodなどのポータブルプレーヤーに入っている音楽を車のスピーカーで流せるものなどが普及してきて、一昔前までは音楽聞くには、車内にCDやMDなどをストックしておいて、聞きたい音楽ごとに、ディスクなどの入れ替え作業があったので最近はその辺がカーナビやポータブルプレーヤーやスマホなどの操作だけで流したいBGMをセットできるのでとても便利です。

 

 

ラジオに関しては、ランダムに音楽が流れるので、
次は何の音楽が来るのか?
といった面白さから、それぞれのラジオーのコーナー番組でのトーク。

 

渋滞情報やスポーツ中継など幅広い情報をリアルタイムで手に入れる事ができ、ドライブ中の話題作りという面では音楽以上に一役かってくれます。

 

ドライブするうえで渋滞情報も重要ですが、最近はスマートフォンの普及もあって、必ずしもラジオで渋滞情報を手に入れる必要性は少なくなってきました。

 

 

 

 

それでも私はまだラジオの方がわかりやすく渋滞や事故情報を伝えてもらえるふうに感じてもおります。

 

音楽かラジオか?」という事に結論を出す事は難しいですが、私のオススメとしましては、必要に応じてラジオも活用する。

 

ただ、ラジオにこだわりずっとラジオというのはよくない。

 

また大勢でドライブする際にラジオを聞くのであれば、時間帯ごとにラジオ局でや番組やコーナーを多少は把握しておく必要性があります。

 

それなりの知識の中でラジオを活用すれば、とても有効に使える面もありますし、音楽もHDDやポータブル連オーディオ動型と便利になっています。

 

音楽に関しては、安物のFMトランスミッターなどでも構いませんので、車の持ち主・運転者だけの選曲ではなく同乗者の人も音楽を選曲できる選択肢を用意しておくといいでしょう。