車を運転する必要性がないなど、女性の車の運転が疎遠になり、苦手意識の強い人が増加しています。

なぜ女性は運転が苦手な人が多いのか?

女性は運転を苦手としている人が多いというのは、事実です。
さまざまな諸説がありますが、その一部を紹介します。

 

まず、女性は全員運転が苦手。

 

男性が得意という事ではなく、当然運転がそのへんの男性より上手な女性もいれば、全く運転センスがない男性もいます。ですが全体的に見ると、女性は男性よりも圧倒的に運転を苦手にしている人の割合は多いです。

 

 

 

 

一番大きな要因として考えられるのが、身体能力の差です。

 

車の運転は基本的にはアクセル・ブレーキのペダル操作を足で行って、手でハンドルを回すだけで、体力を使うような動作はしませんが、車両感覚や距離感・速度感・内輪差の把握などなど、さまざまな神経を使います。

 

一般的な教習所ですと、年齢によって教習料金を高く設定しているところも多く、その理由は年をとると、覚えが悪くなり時間がかかるからです。

 

女性と男性

 

勉強など頭を使うという事では、男性も女性も大差はありませんが、体を使う事については女性は男性より劣っています。

 

野球やサッカー・短距離走など体をフル活用来ることはもちろん、スノボーや卓球・ビリヤードやダーツ・ボーリングなど、それほど体力を必要としないようなものでも、全体の平均値は女性は男性よりも劣っています。

 

当然なかには、女性でもセンス抜群で最初から才能を発揮する人もいますが、それは車も同じであくまでも全体的な事になります。

 

車の運転についても、体力を使う事ではないですが、車両感覚と周りの状況・距離感を把握してアクセル・ブレーキ・ハンドルを操作するという事においては女性は男性より全体的に劣ってしまうので、女性は運転が苦手な人が多いのです。

 

また、都会暮らしをしている人は車を運転しなくても生活はできますし、車は男性が運転できれば問題ないもので、女性は運転できなくても成り立つ。という考えが浸透している面もあり、運転が苦手だったりできなくても、「周りの女性もみんな苦手にしてるからいいか。」という気持ちで向上心がなくなってることも女性の車の運転が疎遠になる事に拍車をかけ、苦手意識が強い人の増加につながっています。