アクセルワークとブレーキワークはドライブデートにおいて、最も重要な項目といっても良いです。

アクセルとブレーキ操作

ドライブデートで最も重要とも言えるのがアクセルワークブレーキワークです。

 

どれだけ行き先や車種にこだわったドライブデートでも、運転が荒かったり乗り心地が悪ければ女性のテンションは下がってしまい、本来であれば、ちょっとした仕草でも女性がドキっと思われる事が多い運転仕草も、肝心の運転自体の印象が悪ければ良い方向に思ってもらえません。

 

女性が助手席に座っている時はいつも以上に快適ドライブを心がけた安心感のある運転をしましょう。

 

 

女性に好印象を与えるアクセルワークとブレーキワーク

 

発進時

車の発進時はクリープ現象を上手く活用するのがポイントです。

 

クリープ現象とはAT車がブレーキを離すとアクセルペダルを踏まなくてもゆっくり車が前にすすむ事で、発進時にブレーキを話してからすぐにアクセルを踏むのではなかう、ワンクッション間をおいてクリープ現象で車が動き始めてからゆっくりアクセルペダルを踏んでいくとスムーズでストレスがない発進ができます。

 

こういった発進ができると燃費もよくなり経済的です。

 

注意点としては発進時にモタモタしすぎると、後続車から煽られてしまうので、信号の変わり目などは集中して出遅れないようにしたり、クリープ現象を使う時間を長く取り過ぎないようにしましょう。

 

 

加速時

助手席に女性が乗っている時に最も印象が悪いのがギアのキックダウンです。

 

キックダウンとはAT車でアクセルを急に踏み込むと加速性能を重視して自動的に低いギアに切り替わる現象の事をいい、キックダウンを起こしながら加速すると乗り心地が悪くなるだけではなく、エンジン音がうねりを上げるので運転が荒い人だと思われます。

 

軽自動車などパワーがない車ではちょっとした坂道ですぐにキックダウンを起こしてしまうので、女性を助手席に乗せている時はなるべくキックダウンを起こさず刺激の少ない運転を心がけましょう。

 

普段の運転からどこまでアクセルを踏めばキックダウンを起こすかを意識しながら乗っておく事が大切です。

 

 

減速時

車の運転でアクセルワークよりも重要なのがブレーキワークです。

 

どちらも操作が荒いと乗り心地が悪くなりますが、その他にもアクセルワークが悪いと運転が悪いというイメージが持たれるのに対して、ブレーキワークが悪かったり荒いと事故を起こす可能性が高い人などと助手席に座る女性に危機感を持たれてしまう事もあります。

 

基本的な急ブレーキを踏まないという事を中心になるべくゆとりをもってブレーキを踏み始めて速度の急激な原則を抑えるようにしましょう。

 

減速時のブレーキのポイントとしては、スピードを落とす時のブレーキワークだけではなく、最後に停車する瞬間のブレーキワークも重要です。

 

走っている車を減速させる感覚で強くブレーキを踏んだままですと、最後に停車した時に反動があり乗り心地が悪くなります。

 

減速して停車するにあたっては緩やかにブレーキも緩めていき、停車時の反動を少なくすると女性からは運転が上手だと好印象を持たれやすいです。