女性はセダンの車では高級ブランドのイメージが強い車種を好む傾向があります。

女性が好む車種・セダン

女性が助手席に乗りたがるセダンの車種を紹介します。

 

女性は新型車よりもブランドイメージが強い車を好む

女性は車の知識が少ないケースが多く、新型車や限定者。
同じ車種の中でも上級モデルよりもブランドイメージが強いセダンを好みます。

 

例えば、ベンツやBMWの外車や国産であればクラウンなどが挙げられ、中古で年式が古くても高級ブランドの車を選びます。

 

男性から見れば、中古のベンツのCクラスだと大したことないと思う人も多いですが、女性から見れば、SクラスだろうがCクラスだろうが、ベンツはベンツなのです。外車でなくてもクラウンやシーマなど高級車と呼ばれるたぐいのセダンは女性はとても喜びます。

 

 

 

静寂性が高い車はオススメ

セダンは大人の車といったイメージも強く、静寂性が高い車は女性受けが高いです。

 

大排気量の高級車はもちろん、最近流行のハイブリット車も女性は喜びます。

 

せkっかくのセダンの強みを活かすには静寂性を高める為にランクの高いタイヤを履くのもおすすめで、へんに社外ホイールで安いタイヤを入れるよりかはブリヂストンのREGNO GR-9000などの高級タイヤを入れる事もおすすめです。

 

 

 

装備が充実している車は女性受けが良い

セダンであれば、本革シートの車がプラスアルファのポイントとなり、革調のシートカバーなどでも女性は本革シートだと思ってもらえる事もあります。

 

他にもサンルーフや電動パワーシートなどが付いていると女性の反応は良く、こういった装備が付いている車種が多いのもセダンの魅力となります。

 

VIP系にカスタムされている車もオススメで、車好きの男性は女性受けも良いので、適度にカスタムされている車は車好きをアピールしやすいです。

 

ただし、極端なシャコタンなど乗り心地を損ねるカスタムは悪い印象を与えてしまう事もあるので注意しましょう。

 

 

 

セダンであれば、ボディーカラーは白か黒が無難

最近の車は多彩なカラーバリエーションが用意されている車も多く、街中を見ても、赤や青など色が付いている車も多く見かけるようになりましたが、セダンであれば、他の形状の車種に比べてもボディーカラーは白か黒が無難で、シルバーだと車種によってはオヤジ臭さが出てしまうこともあり、赤や黒などのセダンは車種によってはスポーティーさが出る事もありますが、セダンの魅力を減らしてしまう事も多いので注意をしましょう。